「茶会日記を読む」講座 畠山美術館友の会講座 忘備録

  • 2019.09.05 Thursday
  • 22:41

JUGEMテーマ:お茶

 

 

9月の畠山美術館 友の会の講座に参加しました。

畠山一清(即翁)さんの茶会・茶事の記録を読み解くという講座です。

 

畠山記念館は、茶道具を中心に、書画、陶磁、漆芸、能装束など、日本、中国、朝鮮の古美術品を展示公開している私立美術館です。創立者畠山一清(1881―1971)は荏原製作所の創業者。事業のかたわら、即翁と号して能楽と茶の湯を嗜みまれたそうです。

 

戦前には 藤田財閥の藤田田三郎(香雪)、三井財閥の益田孝(鈍翁)、帝国蚕糸の原富三郎(三渓)、荏原製作所の畠山一清(即翁)などが膨大な古美術の蒐集に向かって、かつ蒐集品を活かすことのできる茶の湯へ踏み入れた時代だったのですね。

 

今回の講座では、

お道具はもちろん、

会の主旨、お招きされた方々

懐石・器などなどが解説されました。

茶会記から読み解かれる内容はとっても勉強になります。
 

 

残念にも、美術館のほうは改修ということでただ今長期閉館中ですが。

 

 

 

9月とはいっても今日はなんだかとても蒸し暑い日でした。

 

美術館の中、木漏れ日の道はやっぱり癒されます。

 

 

今回の資料は即翁さんの新座敷の新築披露の茶会記でした。

 

昭和29年11月16日からの連会です。

 

お道具や器などはほぼこちらの美術館に収められているものがほとんどです。

解説してくださっている学芸員さんがスライドでお道具の写真をみせてくれました。

 

普段、美術館や図録の中に鎮座ましているお道具たちですが、

こうして茶会記や美術館の中からぬけだして

実際に使用された様子などを解説をしていただくと、

まさに自分がその会にいるような錯覚を感じます。

 

妄想もここまできたらおめでたい。。

 

こうしたお勉強は始めてだったので

とってもためになりました。

 

 

 

 

茶会記を読み解く、、というと

難しい文字を読み解くだけ、、というような印象を持ってしまいますが
もっと奥深くて、会のイメージがぐぐぐっ〜と広がるとても有意義なものでした。
参加されていた方は美術館の友の会の皆さん。
講座の雰囲気もとってもフレンドリーでホッとしました。
こういうお勉強は道具単一の価値だけでなく
全体の雰囲気そのものが味わえるので至極愉しくお勉強できました。
次回も愉しみであります〜♪

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM